ダイエット情報館

バジルシード(チアシード)

バジルシードはタイなど東南アジアではデザートや飲料に加えて日常的に食べられています。乾燥したスマートバジルはゴマのような黒い種子ですが水分を吸収すると食物繊維(グルコマンナン)の層で覆われた半透明なゼリー状に膨らみ満腹感を生じます。何と30倍程にもなるそうで、そのことからバジルシードは別名バイサーティ(30)などともいわれています。また、寒天よりも食物繊維が多くお通じにもよいということで最近注目されている健康食品の一つです。

最近はTVの影響でチアシードというのが人気ですが、チアシードはメキシコ産のバジルシードです。ただ、タイ産の方が膨張率は3倍程度スゴいです。

バジルシードも食事の30分くらい前に水で飲んでおくと食事の量を減らすことができます。また本場タイのようにココナッツミルクにバジルシードを入れると、タビオカみたいにおいしく食べれます。

また、バジルシードには、αリノレン酸という、体内では生成できない必須栄養素も含まれてます。αリノレン酸は、通常は青魚から摂取し、血中コレステロールを減らして血液をサラサラにし、動脈硬化を防ぐ等の効果があります。魚の嫌いな人は、バジルシードを取れば一石二鳥!

<バジルシードダイエットレシピ>
トラマックスジャパンさんのバジルシードレシピ集
バジルココナッツ(Yahoo グルメ)
バジルシードのトロピカルポンチ(Spice of Lifeさん)

バジルシードダイエット関連商品をお買い物する(東証マザーズ上場企業ケンコーコム)