ダイエット情報館

コーヒーダイエット

コーヒーの成分として有名なカフェインには、眠気覚ましの他に脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化する効果があります。また、コーヒーの濃度が高いと、小腸で糖分を小さくするスクラーゼの働きを阻害するため、血糖値の上昇が抑制されます。

また、最近ではクロロゲン酸という成分が注目をあびてきました。どうやら抗酸化作用すなわち老化の原因とされる活性酸素の除去効果があるようです。ただ、クロロゲン酸は、コーヒー豆を焙煎すると分解されるそうですので、生のコーヒー豆に由来するサプリメントで摂取することが行われています。

また、コーヒーを飲んだあと、30分くらいしてから有酸素運動を行うと、脂肪分解酵素リパーゼが活性化されているので、運動の効果があがるともいわれています。

ダイエットコーヒーをお買い物する(東証マザーズ上場企業ケンコーコム)