ダイエット情報館

シモン茶

シモン茶はシモン芋の葉や茎を煎じたお茶です。シモン芋は、南米ブラジルで昔から原住民の間で食べられてきた「白さつまいも」ですが、その効能を発見したシモン教授の名前にちなんで「シモン芋(シモンイモ)」と呼ばれるようになりました。シモンは土壌に含まれるミネラルなどの成分をまんべんなく吸収し蓄える大変栄養価の高い食物です。そのため、一度栽培・収穫した土地ではその後数年間栽培ができません(高麗ニンジンと同じですね)。

シモン芋は、6割が食物繊維(ちなみに多いといわれるヒジキでも4割)なので、腸のお掃除に最適です。また、シモンの切り口から出る白い液にに含まれるヤラピン酸は、腸の善玉菌のエサとなり、それを活性化する働きがあるので、デトックス効果が期待されています。さらに、血中の余分なコレステロールを除去するレシチンも豊富です。その他にも、シモン芋にはビタミン類(ビタミンA、ビタミンE、ビタミンKなど)やミネラル類(カルシウム、リン、カリウム)、ポリフェノール等が豊富に含まれています。

某テレビ番組で友近さんと林家正蔵師匠がシモン茶ダイエットを30日間実施し、正蔵師匠が5.8kg体重ダウンと効果を挙げていましたね(もちろんエクセルサイズ等と組み合わせ)。

何といってもシモン茶の良いところは、オイシイところ。通常健康にいいものはマズい物が多いですからね。私も青汁にシモン葉が混ざったものを飲んでます。シモン茶(シモン芋)は現在は輸入の他、日本でも鹿児島や天草の倉岳などで盛んに栽培されています。

※「薬事法」の規定により、具体的な商品についての効能、効果などは表記できません。悪しからずご了承願います。

シモン茶関連商品をお買い物する: 東証マザーズ上場ケンコーコム